お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


電子申請

申請取次行政書士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

HOME  >  TOPICS  >  外国人留学生がアルバイトをする際の注意点
外国人留学生がアルバイトをする際の注意点



人手不足が深刻化するアルバイトの現場において、コンビニや飲食店など外国人留学生を雇用する企業は増加傾向にあります。また、留学生自身も「生活費や学費を払いたい」「日本流のおもてなしを学びたい」という理由でアルバイトを希望する方が増えているようです。今回は、外国人留学生がアルバイトをする際に必要となる「資格外活動許可」についてご説明します。

通常、外国人留学生は、「留学」という区分の在留資格で日本に滞在しています。 これは、日本の学校に通いながら“勉学"に励む目的で発行される資格であるため、その目的以外の活動(収益活動=アルバイトなどを含む)は原則禁止されています。

しかし、本来の目的である勉学の妨げにならないと認められる場合には、「資格外活動許可」を受けることで、例外的に就労することが可能となります。(下記の制限があります。)

【就労時間】 … 1週間28時間以内 ※長期休業期間(夏休みなど)は1日8時間以内、かつ1週間40時間以内

【就労場所】 … バー、パチンコ店、ゲームセンターなど風俗営業が行われている場所での就業は禁止されています。接客のみでなく、皿洗いやティッシュ配りといった職種についても就労ができないため注意が必要です

資格外活動許可を得ているかどうかは、在留カード(裏面)で確認ができます。留学生をアルバイトで採用するときには必ず確認するようにしましょう。

在留資格・資格外活動許可のことを詳しくお知りになりたい方は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。


HOME | スガハラ社会保険労務士事務所 | スガハラ行政書士事務所 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara legal Management Office All rights reserved.
管理用