お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


電子申請

申請取次行政書士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

HOME  >  TOPICS  >  合同会社の特徴と設立について
合同会社の特徴と設立について



合同会社は日本の法律で認められた法人の一種で、2006年の会社法の改正により登場した新しいカテゴリーの会社です。個人事業主から法人になる場合や、比較的小規模な事業を法人化する際の、新たな選択肢として誕生しました。

合同会社の特徴は、会社の意思決定方法や、利益の配分を出資比率によらず決めることができることです。株式会社は出資者(株主)と経営者が異なり、株主で成り立つ株主総会で会社の方針が左右されるため、より多くの金額を出資する株主の意向を受けて、経営者が運営することになります。
一方、合同会社は出資者と経営者は同じです。
そのため、経営者は外部の出資者の意向を気にすることなく、株式会社に比べて自由に会社運営のルール(定款)を定めることができます。

合同会社が自由に決められる最も重要なものとして挙げられるのは、「利益の配分」の方法です。株式会社の場合、投資するメリットがなければ誰も投資しません。そのため「よりたくさんの株を持っている人」(たくさんお金を出してくれている人)に、より多くの利益を配分することになります。
一方、合同会社の場合は、出資割合に拘わらず利益の配分方法を決めておくことができます。
また、合同会社の設立の際には、公証役場での定款認証が不要となっているため、株式会社の設立と比べて初期費用を安く抑えることが可能です。

合同会社の設立について詳しくお知りになりたい方は、当事務所までお気軽にお問合せください。


HOME | スガハラ社会保険労務士事務所 | スガハラ行政書士事務所 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara legal Management Office All rights reserved.
管理用