お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


電子申請

申請取次行政書士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

HOME  >  TOPICS  >  建設業の経営管理責任者の要件緩和
建設業の経営管理責任者の要件緩和



建設業は人々の生命や財産に直結している産業のひとつであり、安心して生活をするための重要な役割を担っています。適正な経営を維持できるようにするため、建設業許可を受けようとする場合には「経営業務」について一定期間の経験を有した者(以下、経営管理責任者)が最低でも1人必要となっています。

平成29年6月30日より、この経営管理責任者になるための要件が一部緩和されました。

【改正前】許可を受けようとする業種の経営経験が5年以上あること、または許可を受けようとする業種以外の経営経験であれば7年以上必要。

                       ↓                              ↓         ↓

【改正後】許可を受けようとする業種の経営経験が5年以上あること、または許可を受けようとする業種以外の経営経験であれば6年以上必要。

例えば、電気工事業としての許可を受けようとする際、電気工事業の経営経験が5年以上ない場合でも、とび土工業なら6年以上あるという場合は経営管理責任者の要件をクリアすることができるようになりました。

建設業許可について詳しくお知りになりたい方は、お気軽に当事務所までご連絡ください。


HOME | スガハラ社会保険労務士事務所 | スガハラ行政書士事務所 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara legal Management Office All rights reserved.
管理用