お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


電子申請

申請取次行政書士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

HOME  >  TOPICS  >  古物商許可
古物商許可



近年では、オークションサイトなどインターネットを通じて、個人でも容易に中古品の売買が出来るようになりました。古物の売買を業として行うには、都道府県公安委員会から許可を得なければなりません。

※古物とは? 一度でも使用された物、使用された物をメンテナンスし新しく見せかけた物、使用されていなくても売買や譲渡が行われた物

※業として行うとは? 利益を得る目的で、ある程度継続性があること

自分が使用することを目的として購入した物を古くなって売却する行為は、利益を出すことを目的としていない限り「業」として行っているとは認められません。しかし逆に、例えばフリーマーケットで安く買ってきた物をインターネットオークションなどに複数回繰り返し出品する行為は、結果的に儲けが出なかったとしても、利益を出そうという意志があれば「業」であり古物商許可が必要であるということになります。

ではなぜ古物商の許可申請は、他の申請のように市区町村でなく警察署が扱っているのでしょうか。それは中古品市場には、往々にして盗難品が紛れ込む可能性が高いためです。販売者が盗難品だということを知らないで販売する場合も少なくありません。古物商の許可は、盗品の流通を防ぐ目的もあります。

古物商許可の申請について、詳しくお知りになりたい方は当事務所へご相談ください。


HOME | スガハラ社会保険労務士事務所 | スガハラ行政書士事務所 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara legal Management Office All rights reserved.
管理用