お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


電子申請

申請取次行政書士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

HOME  >  TOPICS  >  建設業と産業廃棄物の関係
建設業と産業廃棄物の関係



建設業と産業廃棄物は切り離して考えることはできません。なぜなら建設現場においては、日々廃材やがれき等の建設廃棄物が発生するからです。

廃棄物処理法では、直接工事を請け負った元請業者が「排出事業者」となり、発生した建設廃棄物を自ら適正に処理をするか、都道府県知事等から許可を受けた産業廃棄物処理業者等に処理を委託する必要があります。下請事業者に委託しようとする場合、下請事業者が産業廃棄物収集運搬業許可を取得していなければ、原則として運搬や処分を委託することができないということです。

建設業界では、廃棄物の発生量も多く、一次下請・二次下請のように下請構造により廃棄物を取り扱う事業者が多数存在しています。スムーズかつ適正に処理を行っていくためには、下請事業者においても産業廃棄物収集運搬業許可の取得が欠かせないのではないのでしょうか。

産業廃棄物収集運搬業許可についてお知りになりたい方は、当事務所までご連絡下さい。


HOME | スガハラ社会保険労務士事務所 | スガハラ行政書士事務所 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara legal Management Office All rights reserved.
管理用